最近の虫生の森

最近のイベント(体験会など) イベント実施状況

次回体験会はこちらをクリック

2023年9月10日に水鉄砲を作ろうを実施しました。
参加者はお子さま 9名、保護者の方5名で14名の方が来られました 。
皆さん、楽しそうに、また喜んでいただきました。
外と中の竹を切ってから、水鉄砲を作り始めました。
竹を2本剪定ノコギリで切ります。
内側になる切った細い方の竹に布を巻いて、太い方の竹筒に差し込み水鉄砲にします。

水を飛ばして練習

 

水がどこまで飛ぶか・的に当てるなど競いました。最高8m50cmでした。

 

メダル授与式
最後に 、優勝メダル 1人、ほかのお子さま8人にもメダルをお渡ししました。


2023年8月13日に水生生物観察会を実施しました。
ご指導いただいた講師の牛尾さまから、観測会の報告書をお送りいただきました。採取した生き物についての解説や外来生物についても記載していただいてますので、参考にしてください。
牛尾講師報告書
猛暑が延々と続く日々でしたが、水生生物の観察会は虫生の森を流れる虫生川での実施で比較的涼しく体験することができました。

講師に猪名川河川事務所間架橋カウンセラーの牛尾巧氏をお迎えして、猪名川の水生生物の採集体験とその解説をして頂きました。
2023年7月9日にきのこ観察会を実施しました。
梅雨明けはまだで、小雨が降ったり止んだりの天気でしたが、無事きのこ観察会が実施できました。
昨年に続けて秋山弘之氏を講師にお迎えして、6名の方々の参加と会員も参加して、
小雨の中、基地前広場と里道付近でキノコ採集をして、基地前広場で35種のキノコと2種のコケの観察をしました。
キノコについては虫生の森の会としては、残念ながら詳しい方がおられないので、すべてが新しく珍しい観察会でした。
講師の秋山先生
基地前広場のテントで観察
 


2023年6月13日に清和台南小学校 体験学習を実施しました。
今年度初めての新3年生体験学習で、曇天でしたが蒸し暑い日で森での笹刈り体験と虫生の森見学は無事に楽しんでもらえました。


2023年6月6日に清和台小学校 体験学習を実施しました。
今年度初めての新3年生体験学習で、5月30日に予定していましたが、雨のため6月6日に延期し、
予定していた森での笹刈り体験と虫生の森見学は雨に降られず、
最後の集まりでは、少雨の中無事終了しました。

森散策で覚えた花木の名前を確認しました。

モリアオガエルのオタマジャクシをみんなで見ました。


2023年3月12日(日)に日曜体験会 バードウォッチングを開催しました。

11名の参加者と虫生の会会員11名で野鳥観察しました。
8種の野鳥を確認し、6種の鳴き声を確認しました。都合、11種の野鳥が確認されました。

 里道での観察
里道で鶯の声を沢山聴きましたが、飛んでるのは見えましたが、止まってるのは中々見つけられない。

 奥の広場でも観察

 羽の実物を見て、違いがあることにびっくり。

 


2022/12/21~2023/2/28 トナリエ2F 薬局前レストスペースにて 虫生の森 写真展を実施しました。


清和台小学校、清和台南小との環境学習、イベント風景、日曜体験会の様子などを展示しました。


2023年2月12日 日曜体験会 薪割り体験を実施しました
1名の参加者を迎えて、薪割り体験会を行いました。虫生の会への新規入会者がは2名居られましたので計3名での薪割り体験でした。
径15cmくらいで長さ60cmの杉の(虫生の森の整備で伐採した)丸太を、①30cm長さに鋸で切断し、②丸太を薪割り器で縦に割り、③鉈(ナタ)で細かく縦割りし、薪束にしました。
慣れた人なら、やはり斧で豪快に割るのが、気持ち良いのですが、安全な方法で体験していただきました。
今回は、お子さんは居られませんでしたが、この方法なら大人の補助付きで3年生くらいから試せます。

①鋸切断

②薪割り器で割る

③鉈で細かく縦割り

日曜体験会 薪割り体験 2/12へのリンク


清和台小学校 3年生向け 体験学習 12/5
清和台小学校 3年生向けの体験学習で、虫生の森の材料を使って工作体験を行いました。
リンク


清和台南小学校での清和台文化祭 展示
コロナ禍で2年間中止されていた文化祭が11/6に開催され、虫生の森のパネル展示をしました。
リンク


2022/10/9 日曜体験会 昆虫採集 を10/9 9:30から開催しました。5組 15名(お子さん8名)に参加いただきました。
リンク


2023/4/15~22 シロバナウンゼンツツジ公開はこちら

他のブログへ

関連記事一覧